美腸ナース&認定講師

看護師・保健師
小児救急・便秘外来看護

東京都港区
小野 咲




【感想】
看護師として何ができるのかをいつも自問自答してきました。
看護師という資格を持っていても、看護師として働いている人が少ない実情があります。
それぞれの看護師の経験を生かすことができたら、新しい予防の分野の確立、そして社会への貢献ができると信じております。

 

「美腸」という分野とそれぞれの専門分野を生かした「美腸ナース」の仲間を増やしていきたいと思っています。

 


 私は、小児救急医療と老人ホームでの老人看護を通して、子どもからお年寄りまでの生死を看てきました。人が亡くなることはいつも辛かったです。医療は進歩しているのに複雑な病気が増えていること、平均寿命と健康年齢の差が拡大していることに疑問を感じておりました。病気の根本的な改善より、病気になる前の「予防」が大事だと思い、病院を離れ「予防」という新しい医療の道を作って実践されている小林暁子医師の小林メディカルクリニックに入社いたしました。

 

また、母が保健師という予防に携わっていたこともあり、「予防」という分野にはもともと興味がありました。保健師の母から教えてもらったことも生かしながら、美腸ナースの活躍によって多くの人が健康になれることを目指していきたいです。

 

 便秘外来での10,000人以上の患者様、美腸サロンGENIEでの1,000人以上の施術、セミナー講師としての1,000人以上の参加者の皆様のお腹を触って得ることのできた体験・経験を生かしながら、多くの方のお役に立てることができるように精進していきたいと思います。


美腸ドクター・美腸ナース

認定講師
看護師・保健師
小児科勤務

福岡県福岡市
岩永 沙織



【感想】
10年以上小児科医療現場で働いている中で、強く感じるのは、体調不良を訴える子供達に多く共通している便秘問題。
薬や病院に依存しない心や身体作りの為には、根本的な問題解決が必要だと常日頃から痛感していました。

九州初!の認定講師として。そして、九州初!の美腸専門サロンとして。
九州の皆様に、より楽しく・より分かりやすく、美腸メソッドをお伝えし。
1人でも多くの方の美腸Lifeに貢献出来るよう、日々、知識や技術を研鑽していきたいと思います。

健康の基盤となる「腸の大切さ」を発信し続けることにより、お母様方や、これから結婚・出産を控える女性の皆様の意識が変わり。
女性の意識が変わることで、家庭の食卓や生活が変わり。
生活が変わることで、子供達やパートナー、家族皆が健康になる。

そんな明るくHAPPYな社会の実現に向けて、微力ながらも貢献出来たら幸いです。

20代よりも30代、30代よりも40代…。女性としての人生を更に明るく楽しみながら年を重ねる。
そんな素敵な生き方を「美と健康の本質・基盤」となる「腸の大切さ」を通して発信し続けていけたらと思います。

「九州の美腸はお任せあれ!」
そんな頼れる講師であり、技術者を目指し続けたいと思います。

 認定講師
 看護師
 訪問看護専門

 照井 祐



【感想】
病院、訪問看護ステーションで働いている中で、どんどん薬が増えていく方々、病気になり早く死にたい・延命はしないでほしいという方々を目の当たりにしてきました。もっと何か自分にできないのか・自分の家族や周りの人たちにどうしていきたいのかを考え続け、行き着いた結果は「元気に楽しく長生きしてほしいんだ」というシンプルな答えでした。そこで自然治癒力を高めてくれるメディカルアロマの道に進むことを決め、改めて勉強していくうちに腸が大切だとつくづく感じ、勉強を深められる場を探したところ美腸協会にたどり着きました。

最初は3級のみの予定でしたが、腸の魅力に取り憑かれたかのようにもっと学びたい、周りの大切な人たちに施術したい、もっと必要性をみんなに知ってもらいたいと認定講師を目指すまでになりました。

施術を受けるに連れて自分でも心身共の変化に驚いています。持病の調子もよく、人前に立つことが苦手だった私が講師を目指したいと思えたのも施術を受けていくうちに思考が変わったからだと感じています。

同じように心も体も元気でハッピーだと感じてもらえるよう、学んだことを広めていきたいです。


 認定講師
 看護師
 保育園看護師

 瀬尾 佳織




【感想】
私は現在保育園で看護師として働きながら美腸プランナー、認定講師として腸の正しい知識と情報提供をおこなっています。
私はいつかママになるときに健康にこどもを産みたい、そのためにまずは自分の身体をととのえようと考え調べていたところ、"美腸"というワードに行き着き、日本美腸協会にたどり着きました。

看護師が代表を務め、医師が監修しているというところに信頼を置き、美腸プランナーの資格を取得しました。
そして私のように将来こどもを産みたいと考えている女性や現在子育て中の女性に腸の正しい知識を伝えることで未来あるこどもたちの笑顔と健康を守るお手伝いをしたいと考え、認定講師を取得することを決めました。

未来に美腸を繋いでいき、美腸を代々受け継ぐ女性を増やすことでHappyな家族を増やしていく、そんな活動をしていきたいと思っています。


美腸ドクター・美腸ナース
 

 認定講師
 看護師

 兼松 直子




【感想】

私は急性期の病棟や救命で看護を経験し、現在はアレルギーを専門としています。救命には脳梗塞や心筋梗塞など、その後の人生を左右する疾患で運ばれてきる患者様がいます。生活習慣病の発症は、日常生活での予防や再発を防ぐことが出来ると言われています。

疾病予防の3段階と言われる1次~3次予防だけでなく、これからは一人ひとりに合わせて病気の予防を行う0次予防が必要だと思います。


そんな思いの中、美腸協会の理事である小野咲さんと出会いました。


同じ急性期の現場を通して感じたこと、これからの予防医療について語り合う中で腸についてもっと知りたいと思うようになりました。

腸もみを初めて受けた時の感動は今でも覚えています。じんわりとお腹が暖かくなり、施術が終わった後はリラックス効果で体の力が抜けていました。また、知識を得るにつれ食生活を見直すことができ、今では美腸料理を作るのがとても楽しいです。


現役の看護師だからお伝えできる「美腸」を広めていけたらと思います。