美腸ナース、認定講師、美腸アドバイザー

兼松 直子

私は急性期の病棟や救命で看護を経験し、現在はアレルギーを専門としています。救命には脳梗塞や心筋梗塞など、その後の人生を左右する疾患で運ばれてきる患者様がいます。生活習慣病の発症は、日常生活での予防や再発を防ぐことが出来ると言われています。

疾病予防の3段階と言われる1次~3次予防だけでなく、これからは一人ひとりに合わせて病気の予防を行う0次予防が必要だと思います。


そんな思いの中、美腸協会の理事である小野咲さんと出会いました。


同じ急性期の現場を通して感じたこと、これからの予防医療について語り合う中で腸についてもっと知りたいと思うようになりました。

腸もみを初めて受けた時の感動は今でも覚えています。じんわりとお腹が暖かくなり、施術が終わった後はリラックス効果で体の力が抜けていました。また、知識を得るにつれ食生活を見直すことができ、今では美腸料理を作るのがとても楽しいです。


現役の看護師だからお伝えできる「美腸」を広めていけたらと思います。

仕事内容は?

美腸協会の良い所はどこだと思いますか?

最後に一言!